ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成27年度) > 助成事業紹介 【スポーツ振興くじ助成:尚絅学院大学総合型地域スポーツクラブ絆・KIZUNA】

助成事業紹介 【スポーツ振興くじ助成:尚絅学院大学総合型地域スポーツクラブ絆・KIZUNA】

 平成27年度に被災地の総合型地域スポーツクラブ活動助成で、活動基盤強化事業・クラブマネジャー設置事業を行っている尚絅学院大学総合型地域スポーツクラブ絆・KIZUNAの調査を行いました。
 当クラブは、宮城県名取市にある尚絅学院大学を活動拠点とする総合型地域スポーツクラブで、現在9種類のスポーツ教室を展開しています。子供から高齢者まで世代を超えた参加交流や地域コミュニティ形成に寄与できる活動の場を提供しています。助成を受けることで、体育協会から派遣される優秀な指導者を招くことができ、また教室案内のチラシやクラブのパンフレットを活動地区全戸に配布できています。
 調査当日はテニス教室とママさんバレーボール教室が実施されていました。参加者の中には震災の被害を受け、今でも仮設住宅に住んでおられる方もいらっしゃいましたが、指導者だけでなく、地域の方々がお互い声を掛け合ってスポーツに取り組み、明るく楽しんでいる様子が印象的でした。
 これからの課題としては、小学生や中学生世代の会員を増加させることが挙げられます。そのために放課後の時間帯で大学生を交えたスポーツ教室プログラムを考えており、新たな活動展開を予定しています。今後も、大学施設を十分に活用し、地域に根付いた総合型地域スポーツクラブとして発展されることを期待します。

(平成27年11月20日往訪)

助成団体 尚絅学院大学総合型地域スポーツクラブ絆・KIZUNA
法人番号 -
事業名 (1)尚絅学院大学総合型地域スポーツクラブ絆・KIZUNAスポーツクラブスポーツ活動事業
(2)尚絅学院大学総合型地域スポーツクラブ絆・KIZUNAスポーツクラブマネーシャー設置事業
事業細目名 (1)被災地の総合型地域スポーツクラブ活動基盤強化事業
(2)被災地の総合型地域スポーツクラブマネジャー設置事業
助成金額 (1)3,776,000円
(2)2,900,000円
 

 

 尚絅学院大学総合型地域スポーツクラブ絆・KIZUNA/テニス教室の様子 尚絅学院大学総合型地域スポーツクラブ絆・KIZUNA/ママさんバレー教室の様子 
テニス教室とママさんバレー教室の様子

 

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ