ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成26年度) > 助成事業紹介 【スポーツ振興くじ助成:栃木県日光市】

助成事業紹介 【スポーツ振興くじ助成:栃木県日光市】

 平成25年度国民体育大会冬季大会競技会場整備事業の助成事業者である、栃木県日光市を訪問し、日光市霧降スケートセンター(スピードスケート)について、実施状況調査を行いました。

 日光市霧降スケートセンターは、第69回国民体育大会冬季大会スピードスケート競技会の会場に選定され、大会の開催にあたりスポーツ振興くじ助成を受け、スケートリンク面、中央監視盤等の改修、リンクの氷を作る為のアイスマット、整氷車、スリットビデオシステムの導入等の整備を行いました。冬季大会については滞りなく開催することができたとのことです。

 また、冬季国体などの大規模な大会での利用のみならず、個人利用者への一般開放や地域の小・中学校や大学等の団体利用の需要も多く、利用者からは改修前と改修後では氷の質が上がり、快適な滑走が可能となったとの声も上がっており、改修工事と整備による効果が発揮されています。

 今後も施設が大規模なスケート大会の会場としての利用、そして地域のスポーツ振興の拠点として活用されることで、将来のトップアスリートの育成からスケートの普及まで幅広く効果が発揮されることを願います。

(平成26年12月12日往訪)

助成団体 栃木県日光市
事業名 第69回国民体育大会冬季大会スピードスケート競技会場整備事業
事業細目名 国民体育大会冬季大会競技会場整備
助成金額  101,250,000円 
 

 

 栃木県日光市/改修されたスケートリンク面  栃木県日光市/事業により導入された整氷車
日光市霧降スケートセンターの様子

 

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ