ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成26年度) > 助成事業紹介 【スポーツ振興くじ助成:一般社団法人VONDS市原】

助成事業紹介 【スポーツ振興くじ助成:一般社団法人VONDS市原】

 平成26年度総合型地域スポーツクラブ活動助成事業の助成事業者である一般社団法人VONDS市原を訪問し、「VONDS市原クラブ活動基盤強化事業」及び「VONDS市原クラブマネジャー設置事業」について、実施状況調査を行いました。

 VONDS市原はプロリーグ昇格を目指すサッカークラブを母体とし、より広くスポーツ活動を地域に根付かせるため、平成24年度に設立されました。
助成金を活用して、サッカーだけではなくソフトボールやジャズダンスなど他の種目についても教室展開を進め、また設立から日の浅いクラブの認知度向上のため、広告宣伝などの活動を行なっています。

 助成金によって、サッカー場などの会場確保に役立っており、より頻度の多い教室開催に繋がっています。認知度の向上については地元商店街にポスター掲示をしたり、プロサッカーの前座試合をVONDS市原のチームが行ったりしています。
 また、地域の中学校や小学校とも連携し、巡回指導なども手掛けているとのことでした。クラブマネジャーも3ヶ月かけて地元の少年団を回り、認知度を高めるため様々な活動をしています。

 今後も地域や行政、他クラブなどと協同し、総合型地域スポーツクラブとしてより発展していくことを期待しています。

(平成26年10月15日往訪)

助成団体 一般社団法人VONDS市原
事業名 ①VONDS市原クラブ活動基盤強化事業
②VONDS市原クラブマネジャー設置事業
事業細目名 ①総合型地域スポーツクラブ活動基盤強化事業
②総合型地域スポーツクラブマネジャー設置事業
助成金額 ①1,118,000円
②1,555,000円
 

 

 一般社団法人VONDS市原/サッカー教室の実践練習風景  一般社団法人VONDS市原/サッカー教室のウォーミングアップ風景
サッカー教室の様子

 

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ