ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成28年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:NPO法人スポーツドリームクラブ】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:NPO法人スポーツドリームクラブ】

 平成28年度のスポーツ活動推進事業で助成を受けているスポーツドリームクラブを訪問し、実施状況調査を行いました。
 スポーツドリームクラブは、小学生を対象にしたサッカースクールを開催しています。クラブの特長は2、3歳の幼児も受け入れていることです。最初はボール遊びから始めて、集団生活のマナーや、礼儀などをサッカーを通して伝えています。
 エストレアフェスタは、9歳以下の子ども達を対象にしたサッカー大会で、3カテゴリー(U-7、U-8、U-9)で試合が行われます。各カテゴリー毎に12チーム、合計36チームが参加します。
 小学生年代の大会のほとんどが、U-10、U-11、U-12のカテゴリーで実施されている為、9歳以下の子ども達が公式戦で試合を経験できる機会は少ないのが現状です。この大会を開催した背景には、実戦経験の少ない9歳以下の子ども達に公式戦を経験して欲しいという考えがありました。その為、エストレアフェスタでは、より多くの実戦経験を積めるよう様々な工夫を行い、他のサッカー大会と差別化を図っています。
 代表的な工夫は試合数と人数制限です。大会は各カテゴリーを4チームの3グループに分けてリーグ戦を行います。その後、リーグ戦の結果に応じて再度、グループを分けてリーグ戦を行います。1チームあたり5~6試合を行う為、より多くの実戦経験が積めると参加チームや保護者からは好評です。
 また、U-10の公式戦は通常8人制で行われますが、エストレアフェスタは7人制で試合を行います。それにより、各選手がボールに触れる機会が増えるなどの効果があります。
 今後は、大阪市内だけでなく全国規模で9歳以下の大会を開催して、子ども達に多くの試合経験を積んでほしいと考えています。
 幼児や小学校低学年の子ども達に多くの経験を積んでもらい、子ども達の成長に貢献したいというクラブの目標が達成され、大会やクラブが更に発展することを期待します。

(平成28年9月30日往訪)

助成団体 NPO法人スポーツドリームクラブ
事業名 2016エストレアフェスタ
事業細目名 スポーツ活動推進事業
助成金額 747,000円
 

 

   
2016エストレアフェスタの様子

 

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ