ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成28年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:奈良県】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:奈良県】

 平成27年度の人工芝生化新設事業でグラウンドの整備を行った奈良県立御所実業高等学校を訪問し、実施状況調査を行いました。
 グラウンド所在地の御所市はラグビーが盛んな地域で、新たに人工芝生化したグラウンドでは放課後に小・中学生のクラブチームが練習したり、休日に成人対象のラグビー教室やラグビー大会が開催されています。
 芝生化前の土のグラウンドは水はけが悪く、降雨後に長時間利用できなかったり、冬に気温が下がるとグラウンドが凍結して利用できなくなることがありました。これらの問題を解決する為、人工芝生化を行いました。
 人工芝生を整備後は、水はけが改善されてグラウンドの稼働率が向上しました。また、転倒時の怪我のリスクが減ることで、思い切りプレーできるようになったと利用者からは好評です。
 地域住民が高校グラウンドを利用することで、地域住民と高校生の交流が生まれ、高校ラグビー部員が地域イベントにお手伝いとして参加するなど、ラグビーを通して地域が活性化されています。助成事業により整備されたグラウンドが地域住民に親しまれ、地域のスポーツ振興に役立てられることを期待します。

(平成28年9月30日往訪)

助成団体 奈良県
事業名 県立高校人工芝生化推進事業
事業細目名 人工芝生化新設
助成金額 38,400,000円
 

 

   
御所実業高等学校グラウンドの様子

 

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ