ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成28年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:香川県丸亀市】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:香川県丸亀市】

 平成27年度地域スポーツ施設整備事業を活用して整備された、香川県丸亀市中津運動公園の実施状況調査を行いました。中津運動公園は昭和53年に設置されて以来、軟式野球場として広く地域の方々に利用されてきましたが、経年劣化により特に内野部分の不陸や水はけの悪さが生じたこともあり、近年は市内の他の球場が軟式野球実施の主たる会場として利用されてきました。平成27年に市内の他の軟式野球場が文化財保護を目的に廃止されることとなったことから、市は中津運動公園を改修し、軟式野球活動の中心として利用することとしました。
 内野舗装は全面的に土壌を入れ替え、凹凸を解消した他、排水能力の向上を図りました。その結果、改修前は降雨後、ぬかるみが解消されず数日間利用が制限されることもありましたが、同様の降雨があっても翌日には競技が出来るようになりました。表層の土は施設利用者からの要望を受け、廃止された球場の土を利用し、コスト削減と利用者満足度の向上を同時に実現させています。
 また、外野右翼に幅約25メートルにわたり高さ8メートルのフェンスを新たに設置しました。フェンスを設置した目的としては、中津運動公園は海に面しており、浜風を受けると特にレフト側の打球が伸びる傾向にあり、度々打球が既設のフェンスを越え周辺施設の敷地に入っていたことへの対策です。フェンス設置後は打球が公園外に出ることはなくなり、周辺施設、施設利用者共に競技実施に対する安心感が増したと好評を得ています。
 施設改修を経て現在では新たな丸亀市の軟式野球の中心施設としての役割を果たしています。今後も丸亀市の地域スポーツ振興の一翼を担い、地域住民に身近なスポーツ施設として活用されることを期待します。

(平成28年10月27日往訪)

助成団体 香川県丸亀市
事業名 丸亀市中津運動公園整備事業
事業細目名 地域スポーツ施設整備事業
助成金額 6,017,000円
 

 

   
中津運動公園の様子

 

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ