ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成28年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:サンクスポーツクラブ陽東】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:サンクスポーツクラブ陽東】

 平成28年度総合型地域スポーツクラブ活動助成で、活動基盤強化事業・クラブマネジャー設置事業を行っているサンクスポーツクラブ陽東の調査をしました。
 当クラブは、栃木県宇都宮市の陽東地区で平成26年度に設立され、3年目の現在、バトミントン、卓球、体操や習字などの文化教室を含め、19種目を展開しています。会員数は400名を超え、幅広い年齢層が所属しています。設立までに充分な準備期間を設け、近隣の学校の指導者、自治会、地域の体育協会など、幅広い地域住民の声を反映した運営プランを策定しました。各教室の指導者には、共にクラブを育成していく一員であってほしいという運営方針から、クラブ会員としての所属をお願いしています。将来的に、若年層の会員が成長後、指導者としてクラブに戻ってくる、といった好循環が生まれる総合型地域スポーツクラブを目指しています。
 今後の課題は、新規会員の獲得に加え、既存の会員が長期にわたり、在籍してもらえるクラブづくりです。当クラブならではの特色ある教室、イベントの展開を検討しています。地域に根ざした総合型地域スポーツクラブとして、より発展されることを期待しています。

(平成28年8月26日往訪)

助成団体 サンクスポーツクラブ陽東
事業名 ①サンクスポーツクラブ陽東活動事業
②サンクスポーツクラブ陽東クラブマネジャー設置事業
事業細目名 ①被災地の総合型地域スポーツクラブ活動基盤強化
②被災地の総合型地域スポーツクラブマネジャー設置事業
助成金額 ①3,934,000円
②3,861,000円
 

 

   
少林寺拳法教室の様子

 

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ