ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成28年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:一般社団法人ASKA】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:一般社団法人ASKA】

 平成28年度総合型地域スポーツクラブ活動助成の助成事業者である、一般社団法人ASKAの調査を行いました。
 当クラブは、栃木県下野市を中心に活動を行っており、現在6種類のスポーツ教室を展開しています。
 クラブ会員数は約720名で、中でも幼児から小学生が多く在籍しています。特に参加人数が多い教室は「新体操教室」と「器械体操教室」です。近隣ではサッカーや野球を実施しているクラブが多い中、活動種目をすみ分けることと、教室の質を高めることによって、当初10名ほどであった会員数が増加し、現在では地域住民のスポーツ活動の活性化に貢献しています。
 今回視察を行った「新体操教室」は、クラスが複数に分かれており、幼児から参加できる教室も展開しています。先生の指導のもと、音楽に合わせて競技用のリボンを使いながら大きく体を動かしている熱心な姿が印象的でした。保護者の方も子どもの成長を見ながら、ゆっくりと見学ができるスペースが確保されており、よい雰囲気が保たれていました。
 今後の課題としては指導者の確保を含め、親子が一緒に参加できる教室の展開、既存の高齢者向けの教室を一層充実させることで、全年齢の方がいつでもスポーツにふれあうことができる環境づくりを目標としています。
 今後も、多くの方にスポーツにふれあう機会を提供することができるように、より一層地域のスポーツ活動の活性化に貢献できるクラブとなることを期待しています。

(平成28年8月25日往訪)

助成団体 一般社団法人 ASKA
事業名 ①体操選手育成事業
②クラブマネジャー設置事業
事業細目名 ①総合型地域スポーツクラブ活動基盤強化
②総合型地域スポーツクラブマネジャー設置
助成金額 ①2,160,000円
②1,944,000円
 

 

   
新体操教室の様子

 

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ