ホーム > 味の素トレセンについて

味の素トレセンについて

ナショナルトレーニングセンター(現「味の素ナショナルトレーニングセンター」、以下「味の素トレセン」)は、スポーツ振興基本計画に基づき、我が国におけるトップレベル競技者の国際競技力の総合的な向上を図るトレーニング施設として、平成20年1月21日に開所しました。(※陸上トレーニング場は、平成19年1月に先行開所)

味の素トレセンは、競技別の専用練習場である「屋内トレーニングセンター」、「陸上トレーニング場」、「屋内テニスコート」及び宿泊施設の「アスリート・ヴィレッジ」から構成され、競技者が同一拠点において集中的・継続的に強化活動を行うことが可能になりました。また、ジュニア競技者の育成等、長期的な強化事業への活用も期待されます。
冬季競技、海洋・水辺系競技等については、日本各地の専用施設が「ナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点」に指定され、ナショナルレベルのトレーニング施設の充実とネットワークの構築が図られることとなります。

味の素トレセンの管理・運営は、隣接する国立スポーツ科学センター(JISS)を運営する独立行政法人日本スポーツ振興センターが一体的に行い、これにより、選手や競技団体は、両センターのトレーニング施設とJISSのスポーツ医学・科学・情報サポートを十分に利活用しながら、高質なトレーニングを実施することができます。
味の素トレセン施設の主体的運用は、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)が行います。

なお、施設の性格上、利用対象は基本的にJOCの強化指定選手及び各中央競技団体の推薦を受けた強化選手に限られます。

センター長・副センター長挨拶

NTCセンター長・副センター長からのメッセージをご紹介します。

沿革

NTCの設立から現在に至るまでの沿革について、紹介します。

ナショナルトレーニングセンター構想

開所当時のNTC構想について、図解で紹介します。

 

ページトップへ