ホーム > 施設案内 > 風洞実験棟

風洞実験棟

風洞外観の写真 風洞プロペラの写真
風洞実験棟内観の写真
風洞実験棟では、空気力学的に好ましい姿勢を修得するためのトレーニングや、選手の姿勢変化が空気力に及ぼす影響を明らかにする研究、選手が使用する衣服や用具の研究開発における実験・検証などが行われ、非常に多くのトレーニングや研究への応用が可能な施設です。
風洞実験装置は、大きなファンで風を起こし、整流装置によって整流された気流を風路内に送り、風路内の測定部に設置した被検体にどのような空気力が作用するのかを計測する装置です。
空気力学的に好ましい姿勢を習得するためのトレーニングや、選手の姿勢変化が空気力に及ぼす影響を明らかにする研究、選手が使用する衣服や用具の開発における実験・検証など、トレーニングや研究への様々な応用の可能性があります。

付帯設備
・風洞実験装置
 吹出口サイズ:幅2.5m×高さ3.0m
 測定部長さ:8m
 気流速度:5~35m/秒(18~126km/時)
 測定装置:6分力天秤(床面式及び吊り下げストラット式)
など

ページトップへ