ホーム > 施設案内 > 診察室

診察室

診察室デスクの写真 耳鼻科用医療機器の写真
眼科用医療機器の写真1
耳鼻科用医療機器の写真2 産婦人科診察室デスクの写真 歯科用ユニットの写真
 診察室では、専任のスポーツドクターにより、トップアスリートに対してスポーツ診療を実施します。

 整形外科では、膝の靭帯損傷をはじめとした様々なスポーツ外傷や、腰痛、筋腱付着部の痛み及び関節不安定症などといったスポーツ障害に対して診察を行います。また、診察室には超音波診断装置が設置されており、肉離れや筋打撲傷といった筋腱損傷の検査をリアルタイムに行うことができます。

 内科では、アスリートによくみられる疾患、貧血、スポーツ心臓、オーバートレーニングなどの診療・治療を行っており、特に最近では、パフォーマンスにも影響を及ぼすアスリートの喘息について、その診断から治療まで力をいれて取り組んでいます。また予防医学として、スポーツによる突然死、喘息発作、熱中症の予防、予防接種に関しても積極的に取り組んでいます。

 歯科では、う蝕、智歯周囲炎、顎関節症など、スポーツパフォーマンスに影響を及ぼす各種の歯科的疾患や障害に対して診察を行います。また外傷治療やマウスガード、歯科矯正治療、インプラント、ホワイトニングなどの先端的治療にも対応します。

 皮膚科では、通常の診療に加え、屋外スポーツ選手の紫外線対策など、肌のコンディショニングという観点から競技力向上を目指す診療を行っています。

 眼科では、一般眼科(コンタクトレンズ処方を含む)の他に、スポーツに関する眼の機能の測定やアドバイスを行っています。

 婦人科では、無月経や月経痛等、月経に関わるトラブルについての相談・治療、試合に向けての月経調整等を行っています。

付帯設備
【整形外科】
  ・超音波診断装置 など
【内科】
  ・超音波診断装置、尿中酸化ストレスマーカー測定システム、赤外分光分析装置 など
【歯科】
  ・アーム型X線CT診断装置、咬合力測定システム、歯科炭酸ガスレーザー、口腔外集塵装置 など
【眼科】
  ・スリットランプ、非接触眼圧計、動体視力測定評価装置、眼底カメラシステム、角膜形状測定装置 など
【婦人科】
  ・検診台、超音波診断装置 など


ページトップへ