ホーム > 施設案内 > 陸上競技実験場

陸上競技実験場

陸上競技実験場の写真
屋内にあるこの実験場には、全長100mの直走路、跳躍ピット、投てき用サークル、防球ゲージがあり多くの種目の競技力向上を目的とした測定や実験を行うことができます。

写真は走動作を解析するための実験風景ですが、動作解析をするモーションキャプチャシステム(走路を囲むようにして置いてある装置)を設置し、地面には作用した力を測定するためのフォースプレート(圧力盤)を埋設しています。
走運動以外にも、歩・跳・投・蹴・打の運動など、さまざまなスポーツ活動の測定や実験を行うことができます。

また、ここは天候の影響を受けることがないため、年間を通して選手のフィールドテストやトレーニング、リハビリテーションにも利用されています。

付帯施設
・ビデオカメラ
・走速度計測装置
・トーイング(牽引)マシン
・走高跳、棒高跳用マット
など


ページトップへ