フェンシング 菅原智恵子 選手

北京オリンピック7位入賞
第15回アジア大会(ドーハ) 団体銅メダル
アテネオリンピック出場








食事に関するエピソード

 わりと好き嫌いが多いんですが、JISSで食事をする時はバランス がとれていると思います。昼と夜はJISSですが、朝は自分で用意しています。食パンにチーズを乗せて焼いて、あと卵焼きやソーセージ。オレンジジュース か牛乳、そしてヨーグルト。いつも食べ過ぎて午前中具合悪くなるんです(笑)。土日は自由な時間もあるんで、家でゆっくり好きな物を食べようと思って作る こともあります。でも土日しかないので、結局材料が余って、また一週間後には同じような物を食べてるんです(笑)。
レシピ本も大好きです!あと「クッキングパパ」が大好きで。新しい巻が出たら必ず買います。料理作り慣れている人って、簡単そうに作るじゃないですか。憧れますよね。
海外遠征は、いろいろ大変なこともありますが、大分慣れました。食材は、基本的に日本からレトルトごはんなどを持参し利用することが多いです。
 
フェンシング日本代表の菅原智恵子選手にお気に入りのメニューを選んでいただきました。(以下、菅原選手談)


主食 ビビンパ

 
   
   
 主食は「ビビンパ」です!韓国料理は大好きで、焼肉屋に行ったら絶対食べますね。ゼンマイとかもやしが好きなんです。実家が農家なので野菜はとれたてのものを使っていました。(自炊している)今は、買ってきたナムルセットをご飯にのせたビビンパを作りますね。
 
主菜 鶏手羽元の甘辛だれ

 
   
   
 主菜からは「鶏手羽元の甘辛だれ」です。母は煮物が得意なので、よく鶏手羽の煮物を作ってくれました。家での料理や高校時代のお弁当にも、よく鶏手羽が入っていましたね。
 
副菜 ひじきの五目煮

 
   
   
 副菜はひじきの五目煮です。大豆が入っているのがいいんです。実家のひじき煮も具が多いんです。ひじきの五目煮なのか野菜の煮物なのか分からないっていう(笑)。
高校の時ずっと貧血だったんです。レバーが苦手なので、ヒジキを毎日。高校の合宿でも、山盛りのひじきの小鉢が置いてあって、そこは私の席と決められていました。
ちょっと栄養が足りないなと思ったら、ひじきがあるだけで全然違うって知ったので、これを選びました。
 
デザート 冷やしぜんざい

 
   
   
 デザートは「冷やしぜんざい」ですね。甘い物は大好きです。本当はケーキの食べ放題とか行きたいんですけど。あんこも好きですね。白玉は、小学校か中学校の調理実習で、一番最初に作った記憶があります。

 

ページトップへ