バドミントン 佐藤翔治 選手

北京オリンピック出場







JISSのレストランについて

 JISSの食堂のいいところはバイキング形式で好きなものと量を選 べるというところですね。選ぶときにはバランスと、ビタミン、ミネラルなどを気にして選ぶようにしています。合宿に来るたびに新しいメニューがあるので食 べたことがないような料理を食べることも楽しみにしています。これからも新しくておいしい料理を考えていただきたいと思います。

北京オリンピックに向けて

まだ北京オリンピックの予選が始まったわけではないので、それまでに自分のコンディションを整えて全力で戦えるようにしたいと思います。もちろん、出場権を獲得することができたらいい結果を残したいと思います。
 
バドミントン日本代表の佐藤翔治選手にお気に入りのメニューを選んでいただきました。(以下、佐藤選手談)


主食 野沢菜と桜えびのチャーハン

 
   
   
 主食からは「野沢菜と桜えびのチャーハン」を選びました。ご飯が好きでチャーハンは特に好きです。ご飯を食べるときには漬物が欠かせません。その中でも野沢菜は特に好物ですね。この二つが一緒になった「野沢菜と桜えびのチャーハン」はとてもおいしそうだと思います。
 
主菜 鶏の唐揚げ

 
   
   
 とにかく、鶏の唐揚げが好きだ、というのが一番の理由ですかね。唐揚げがJISSの食堂で出たときは必ずとっています。実は今日の昼食でも唐揚げがあって、迷わずとりました。肉類の中では鶏肉が一番好きです。鶏肉を使った料理があると大体、選んでいると思います。
 
副菜 もち入りトマトグラタン

 
   
   
 これまでに食べたことがなかったのですが、是非食べてみたいメニューですね。このメニューを選択したのはもちに惹かれたからです。一人暮らしで、なかなかもちを食べる機会がないのですが、正月に帰省したときとかは結構食べます。
 
デザート キウイのフレッシュジュース

 
   
   
 デザートからは「キウイのフレッシュジュース」を選びました。基本的に甘いものは苦手ですが、このジュースは甘くなく、飲みやすいので積極的にとるようにしています。

 

ページトップへ