フェンシング 太田雄貴 選手

北京オリンピック 銀メダル
アテネオリンピック 9位







普段の食事で気をつけていること

 中学生くらいから父が僕の栄養管理をしてくれていたんです。いつも ごはんに、メイン料理が2品、きんぴらなんかの副菜、最後にフルーツが出るんです。合計10品くらい、しかも同じタイミングで全部の料理を出してくれるん です。ナショナルチームのみんなも実家に来て食べることもあるんですよ。特に美味しいのは、鯛の煮付けやゴーヤーチャンプル、あとパスタ類ですね。お店で 食べるより美味しいです。
いま一人暮らしをしてみて父のありがたさを実感しています。JISSで食事のとり方の表示をみても、ああ当たり前だなって。男の料理って適当かなって 思っていたら、ちゃんといろいろ考えてくれていたんだなぁと。ほんと父には感謝ですね。料理ができる男性になりたいなぁ。父を見てて格好良かったんで (笑)。

JISSで食事することも多いんですが、あまり長い時間いると“JISSの主”って言われるんです。なので晩御飯は行きつけの定食屋さんをみつけました。JISSに10時間いるとなるとさすがにやばいじゃないですか(笑)

北京オリンピックに向けて

 今、メダルを狙える位置にいるので、必ず取れるチャンスもあると思 います。いい体制も整いつつあるので。JISSで練習できて、JISSでトレーニングできて、JISSで食事ができて。この環境を自分でいかして、我慢す る時は我慢して、めりはりをつけて行きたいと思っています。
今後は、8月中旬から下旬にアジア選手権があります。この結果次第でオリンピックの出場枠も見えてきます。アジア選手権、世界選手権、この2試合で行けるにしても苦しくなるにしてもほぼ決まる。重要な試合です。
 
フェンシング日本代表の太田雄貴選手にお気に入りのメニューを選んでいただきました。(以下、太田選手談)


主食 タコライス

 
   
   
 (スパゲティと迷いながらも選んでくれたのは)「タコライス」ですね。炭水化物が好きなので、ごはん食べに行ったりするとタコライスも食べますね。よく行く、京都のカフェのタコライスが美味しくて好きですね。辛いのが好きなのでサルサソースなんかも好きです。
 
主菜 小あじの南蛮漬け

 
   
   
 (迷わず)「小あじの南蛮漬け」です。よく父が作ってくれてたんです。家に帰ってあの匂いがするとうれしかったです。あつあつでも美味しいし、1日おいてしみても美味しいですよね。
すっぱいの好きなんですよ。あんかけ焼きそばにも、びたびたになるくらい酢をかけるんですよ。でも梅干はだめなんです、食わず嫌いかもしれんけど。梅味は大丈夫だけど梅干はだめなんです。
 
副菜 水菜とじゃこのサラダ

 
   
   
 「水菜とじゃこのサラダ」ですね。じゃこも好きなんですよ。じゃこをかりかりにしても美味しいですよね。水菜を食べたのはJISSに来てからですね。水菜とじゃこのパスタも美味しいですよね。これも父が作ってくれます。
 
デザート フライパンとうふケーキ

 
   
   
 「フライパンとうふケーキ」です。豆腐はあまり食べないけど、豆腐のデザートだからさっぱりしてるかなと思って選びました。デザートは食後にさっぱりしたものを食べるのが好きですね。特にアイスが好きです。

 

ページトップへ