バドミントン 小椋久美子 選手

北京オリンピック
女子ダブルス 5位入賞
第15回アジア大会(ドーハ)
女子ダブルス 銅メダル







食にまつわるエピソード。。。

 基本的に韓国料理は好きですね。1年に1回は韓国に遠征に行きます。その際に柱奉さん(朴柱奉ヘッドコーチ)が韓国料理を食べに連れて行ってくれるのですが、とても楽しみにしています。
基本的に主食にご飯を食べたいので、海外遠征の時には、お米を持って行きます。試合前には炭水化物を多くとりたいので、おにぎりを作ったりします。また、それ以外でも日本食のレストランを探したりしますね。

JISSのレストランのいいところは、自分で考えて料理を選択しなくてはならないところです。普段は、寮で提供してもらっている食事を、あまり考えずに 食べていますが、JISSではその日その日の体調やトレーニングを考慮しながら何をとったらいいのか考える必要があります。JISSではそういった習慣が つくと思います。
 
バドミントン日本代表の小椋久美子選手にお気に入りのメニューを選んでいただきました。(以下、小椋選手談)


主食 ビビンバ

 
   
   
 単純にビビンバが好きだからです。食欲がわかないときでも、いろいろな具材が一緒のビビンバは食べやすいですね。外食するときでも好んでビビンバを食べます。特に石焼ビビンバのお焦げのところが大好きですね。
 
主菜 豚肉と厚揚げのキムチ炒め

 
   
   
 主菜に「豚肉と厚揚げのキムチ炒め」を選んだのは豚肉と厚揚げが大 好きだからです。筋トレをして、たんぱく質を摂らなくてはならないとき、豚肉と豆腐(厚揚げ)がはいっているのでいいかなと思います。普段から筋トレの後 は牛乳を飲んだり、たんぱく質を積極的に摂る、といったことを気にしています。
 
副菜 五目納豆

 
   
   
 「五目納豆」というよりは納豆好きなんです。たんぱく質を摂りたい ときには納豆と卵を一緒にして食べたりします。また、納豆はねぎやキムチなどいろいろなものに合わせられるので、いろいろなバリエーションで飽きることな く食べることができますね。JISSでは納豆と温泉卵を一緒にする食べ方が好きです。たんぱく質が豊富なので食欲がないとき、筋トレをしたときは納豆を食 べるようにしています。
 
デザート 豆腐白玉

 
   
   
 おもちが好きで、白玉ぜんざいとか大好物なんです。これは食べたことないんですが、白玉が入っていることと、豆腐って体によさそうな感じなので食べてみたいなと思いました。

 

ページトップへ