レスリング 

松本慎吾 選手

第15回アジア大会(ドーハ)  銅メダル
北京オリンピック
グレコローマンスタイル84kg級 15位
アテネオリンピック
グレコローマンスタイル84kg級 7位入賞

     


食にまつわるエピソード。。。

実家が魚の養殖をやっていて、昔から魚を毎日食べていたので体がとても丈夫になりました。僕は三人兄弟なんですが、おかげさまで三人とも筋肉質です。毎 日とれたての新鮮な鯛やあじなどを食べていたので、スーパーで売っている魚はあまり食べないですね。実家から送ってくれるとれたての魚が一番おいしいで す。
海外遠征などでは、バイキング形式だとやはり栄養バランスを心がけています。海外の同じレスリングの選手が何を食べているのかを見ながら、自分も同じ物を挑戦して食べてみたりしますね。試合前になるとやはりお米やうどんなどを食べたりします。
 
レスリングでアテネオリンピック代表の松本慎吾選手に、お気に入りのメニューを選んでいただきました。(以下、松本選手談)


主食 うなとろぶっかけ麺

 
   
   
主食から選んだのは、「うなとろぶっかけ麺」です。
夏場だし、レスリングの合宿で疲れた時に食べると疲れがとれそうだし、たまご・うなぎ・とろろの3つがそろっていて元気になりそうですよね。あっさりしていて、食べやすいです。
 
主菜 さばの味噌煮

 
   
   
主菜から選んだのは、「さばの味噌煮」です。
魚は好きですね。肉も好きですが、実家が魚の養殖をやっているので昔から食卓に一品は魚料理が出ていました。
 
副菜 ほうれん草の白和え

 
   
   
副菜から選んだのは、「ほうれん草の白和え」です。
これは、大好物なんです。ほうれん草の料理の中でも一番気に入っています。JISSの食堂にあったら必ずとりますね。今回の合宿では、ほうれん草の白和え は出ませんでしたが、日頃からほうれん草・ひじき・レバー・小松菜などの鉄分をとるように心がけています。
 
デザート 豆腐白玉

 
   
   
デザートから選んだのは、「豆腐白玉」です。
あまり食堂にはデザートは出ないですよね(笑)でも、食べてみたいですね。今度、レスリングの合宿があった時はぜひ出してほしいです。デザートは、和風系のどら焼きや豆大福などが好きですね。

 

ページトップへ