水泳 北島康介 選手

北京オリンピック競泳
100m平泳ぎ 金メダル
200m平泳ぎ 金メダル
男子4×100mメドレーリレー 銅メダル
アテネオリンピック競泳
100m平泳ぎ 金メダル
200m平泳ぎ 金メダル
男子4×100mメドレーリレー 銅メダル





食にまつわるエピソード...

 好き嫌いはほとんどないんです。ただ、モサモサした食感は苦手かな。レバ刺しは食べられるけどレバ焼きは苦手、生牡蠣は好きだけど牡蠣フライはちょっと・・。
食事は、好きなものを好きなときに、またおいしくてたくさん量がとれるものを食べるようにしています。今のところ、減量の必要もなくて食事制限もしてい ないですから。だからと言って偏食というわけじゃなく、先ほど選んだ小松菜のような副菜や、ヨーグルトのような乳製品など、好き嫌いなく積極的に食べているから、バランスよく取れているのかもしれません。試合や練習の中で色々なストレスがあるから、食べることに関してはできるだけストレスをかけないようにしています。やっぱり、日本で食事しているときが、味も雰囲気も一番リラックスできますね。
 
アテネオリンピック競泳平泳ぎ金メダリストでJISSで練習されている北島康介選手にお気に入りのメニューを選んでいただきました。(以下、北島選手談)


主食 うなとろぶっかけ麺

 
   
   
 主食の中では、「うなとろぶっかけ麺」を食べてみたいです。とろろが好きなので。納豆とか、ねばねば系のものが好きなんです。そばも好きなので、とろろそばはよく食べますよ。
 
主菜 ハンバーグ・目玉焼き添え

 
   
   
 主菜では、「ハンバーグ・目玉焼き添え」がいいなと思いました。卵が好きだし、食べやすそうなので。ハンバーグとかカレーといったシンプルなメニューが 好きですね。外食に行って、凝った料理を食べる機会が多いので、逆にシンプルなメニューを食べたくなります。ちなみに、実家が肉屋なので家の食事には肉が よく出ましたが、ハンバーグはあまり出なかったなぁ..肉が出るときは焼肉が多かったですね。
 
副菜 小松菜の磯和え

 
   
   
 副菜の中では、「小松菜の磯和え」が好きです。野菜のおひたしが好きなので、JISSのレストランでも、こういう小鉢のものは必ず食べています。基本的に日本食を好んで食べますよ。
ハードな練習をこなすためにはどうしても食事のカロリー量を多くしなければならないのですが、海外の食事だと口に合わないときもあって、十分な量を求め られるのはつらいです。ですから、海外での合宿にはご飯やレトルト食品など、日本の味を現地に持っていって食事の量を確保しています。
 
デザート ヨーグルトゼリー

 
   
   
 デザートの中では、「ヨーグルトゼリー」が手軽に食べられていいと思います。
僕は朝食でヨーグルトを食べるようにしています。ヨーグルトとバナナと飲み物は僕の朝食の定番メニューのひとつです。朝早くて食欲がわかないときにも食べやすいですから。

 

ページトップへ