伊藤正樹選手
トランポリン 伊藤正樹選手

【主な競技成績】
2012年 第30回オリンピック競技大会(ロンドン) 4位
2011年 シーズン世界ランキング 1位
2010年 第16回アジア競技大会(広州) 4位

伊藤正樹選手

写真:JSM

食事に関するエピソード
 体重が増えると跳びづらくなったり身体のキレが悪くなるので、体重管理には普段から気をつけています。体重を増やすのは簡単ですけど減らすのは難しいので、今の体重を年間でキープして、多少太ったとしてもすぐに戻せる範囲になるようコントロールしていますね。海外に行くと日本にいる時よりも練習時間が減りますし、ホテルで過ごす時間も長くなるので、特に注意しています。
 ヨーロッパ遠征が多いので長いフライトもありますが、機内食はあまり食べないですね。日本を発つ前に食事を済ませ、機内食が出ても少ししか食べません。水分は補給するように気をつけていて、お水、お茶、スポーツドリンクのようなものをとるようにしています。
 海外での食事には適応できる方だと思いますが、お米と味噌汁とふりかけのようなものは必ず持って行きます。海外での朝食では、必ず持参したお米を食べています。海外に行くと、白米がより美味しく感じますね(笑)。

アジア大会に向けて

 4年前のアジア大会は4位という結果でした。今回はリオオリンピックに向けてメダルを狙っていきたいですね。中国は世界でもトップクラスですし、アジア大会と世界選手権のレベルもそれほど変わらないと思うので、まずはアジア大会で良い結果を残せたら、(アジア大会後の)世界選手権にも自信を持って臨めると思っています。

応援してくれる子供たちへメッセージ

 スポーツを取り巻く環境が昔よりもずっと整ってきているので、強くなりやすい環境があると思います。2020年の東京オリンピックに向けて、子供たちだけでなく、日本全体が一つになる時ですよね。東京オリンピックを目標に頑張るのはもちろん、自分の目標にしている人を追い越すような気持ちを持って日々の練習に取り組めば、どんどん強くなれると思います!

 
トランポリン日本代表の伊藤正樹選手にお気に入りのメニューを選んでいただきました。(以下、伊藤選手談)


主食 キムチチャーハン

  キムチチャーハン
   
   
 豚肉も好きですし、キムチも好きなのでこれを選びました。辛いものも好きな方ですし。お米が好きなんですよね。麺類よりもお米の方が好きで、海外遠征に行く時も必ずアルファ米を持参してお米を食べます。
 
主菜 クリームシチュー

  クリームシチュー
   
   
 一人暮らしなので自炊もしますが、シチューは自分でもよく作ります。お肉は鶏肉を使って、野菜は、ブロッコリー、玉ねぎ、じゃがいもなどを入れます。ただ、僕が自分で作るときはもっと野菜を細かくするんですよね。野菜があまり得意ではないので、シチューに溶かし込んで野菜をたくさん食べやすいように工夫しています。特にやわらかい人参の甘みが少し苦手なので、人参を入れるときはかなり細かくしています。
 
副菜 水菜とささみのお浸し

  水菜とささみのお浸し
   
   
 水菜もささみも好きな食材です。特に水菜は好きで、家でも生で食べたりお浸しにしたりしますね。JISSのレストランR3でこういったお浸しのような料理を食べるときは、ポン酢をかけて食べることが多いです。お酢って身体に良さそうなイメージもあるし、味もさっぱりしていて好きなんです。
 
デザート 豆腐白玉

  豆腐白玉
   
   
 (デザートメニュー一覧を指して)デザートは全部選びたかったくらいです(笑)。甘いものは大好きなんですよ! 和菓子、洋菓子どちらも好きです。悩みに悩んだんですが、白玉とかお餅が好きなので、このメニューを選びました。昔からお餅が好きで、あんこもきな粉も大好きだから、正月はつい食べ過ぎてしまうんですよね。そういう時はウエイトコントロールのために自分で食べる量を「ここまで」と決めて、強い気持ちをもって自制しています(笑)。

 

ページトップへ