フェンシング 原田めぐみ 選手

北京オリンピックフェンシング(エペ)ベスト16
アテネオリンピックフェンシング(エペ)ベスト32
2005年世界選手権大会 ベスト16
国際フェンシング連盟(FIE)選手委員会委員











食にまつわるエピソード。。。

 海外遠征では、どうしても野菜が不足がちです。ですから寒い地域への遠征時には、野菜を買い込んで窓の外に置いて天然の冷蔵庫にしています。必ず自分の 鍋を持参していますので、パスタと一緒に煮込んだりして栄養を取っています。海外だと買い物をしてもひとつの食材の量がすごく多いんです。それなので、仲 間で食べたい食材を買ってきて、鍋で調理をして食べるのも遠征の楽しみのひとつです。
海外にいるとどうしても日本食が食べたくなるので、お米やふりかけなどを持って行きます。やっぱり日本食が一番落ち着きますし、おいしいですね。
 
フェンシング・アテネオリンピック代表の原田めぐみ選手にお気に入りのメニューを選んでいただきました。(以下、原田選手談)


 料理をするのが趣味で、海外に遠征しても自分でよく料理をしています。最近は母親から圧力鍋が送られてきたので、今までできなかった料理に挑戦もしています。わいわいレシピもよく参考にして作っているので、今回選んだ料理も自分で作ってみようと思うものを選んでいます。

主食 野沢菜と桜えびのチャーハン

 
   
   
 主食から選んだのは「野沢菜と桜えびのチャーハン」です。野沢菜と桜えびの組み合わせが面白いですね。チャーハンはいろんな具材を入れることができるのでよく作ります。冷蔵庫に残った物でいろんなバリエーションを作れますし(笑)。
 
主菜 ポークカレー 7種の野菜入り

 
   
   
 主菜から選んだのは「ポークカレー7種の野菜入り」です。他にも食 べたい物がいっぱいあって迷ったのですが、やっぱりカレーが大好きなのでこれを選びました。レシピをみながら家にある食材で作ってみましたが、セロリを入 れてカレーと一緒に煮込むとほとんどわからなくなってしまいました(笑)。以前に実家から送ってきただいこんを入れて作ったこともありますけど、おいし かったですね。カレーを作るときにはいろんな食材を入れて試しています。
 
副菜 五目納豆

 
   
   
 副菜では「五目納豆」ですね。体作りに良いという以前に納豆そのも のが大好きで、毎朝納豆を食べています。このレシピではイカ、シラス、たくあん、ウズラの卵、しその葉を使っていますが、私は“ふりかけ”を使って食べる こともあります。一口毎にふりかけの味を変えて食べると毎回味が違って楽しめますね。
 
デザート キウイのフレッシュジュース

 
   
   
 デザートからは「キウイのフレッシュジュース」を選びました。甘い 物があまり好きではないのですが、これはさっぱりしておいしそうですね。私は毎朝フルーツジュースを作っていて、バナナ・牛乳・豆乳・はちみつ・黒ごまな どをミキサーで混ぜて飲んでいます。目覚めの一杯って感じですかね。季節によってはりんごやみかんなど旬の物を実家から送ってくるので、果物を変えて違っ た味を楽しんでいます。

 

ページトップへ