スノーボード 藤森 由香 選手

トリノオリンピック
スノーボードクロス 7位







食事に関するエピソード

家はおそば屋さん(5つ星!)なんです。家にいる時は看板娘として働いています。でも実はそばよりうどんがすきなんですよ(笑)。
料理をするのは好きです。他の選手と一緒にトランプで料理当番を決めて作っています。遠征に行く時に、水を加えるだけの米(α化米)なども持参しています。

バンクーバーへ向けて

 スノーボードクロスでは、他の選手と体がぶつかることもあります。 今までは当たり負けしていたので、トレーニングとトレーニング後の食事に気をつけて2kg筋量を増やしました。競技力も安定してきました。けがをしない しっかりとした身体作りをベースにしていい成績を出していきたいと思います。オリンピックのコースはロングコースが予想されるので、疲れない身体づくりが 必要です。今年のプレ大会でうまくいかなかった反省点を改善していきたいです。
 
スノーボード日本代表の藤森由香選手にお気に入りのメニューを選んでいただきました。(以下、藤森選手談)


主食 ビビンパ

 
   
   
 主食は「ビビンパ」です。メニューにあると食べたくなりますね。海外遠征ではほとんどホテル生活ですが、お米を鍋炊きしたり、パスタを作ったりしています。余ったごはんもリゾットやチャーハンにアレンジしています。
 
主菜 豚カツ

 
   
   
 主菜からは「豚カツ」です。味噌カツが好きなんですよ!名古屋に行った時は、必ず食べますね。一番、気に入ってるお店は岐阜の友人のお店。海外から帰ったら食べたいもののひとつです。でもさっぱりしたものの方が好きなんですけどね。
 
副菜 小松菜の磯和え

 
   
   
 海外では、なかなか葉物は手に入らないので、自分で作る時はお浸しなどを作るようにしています。山奥にこもるので野菜も高くなかなか手に入らないんです。栄養のことを勉強してから食事にも気をつけたり、意識するようになりました。
 
デザート ミルクゼリー黒蜜かけ

 
   
   
 あまり甘いものは好きではないので、黒蜜のような和風のものや、あっさりとしたデザートが好きです。

 

ページトップへ