コンドロイチン硫酸

項目 内容
名称 コンドロイチン硫酸
概要
  • 通常、からだの中の関節周辺にある軟骨に見いだされる化合物である(①)。
  • 牛の軟骨等、動物由来のものから製造される(①)。
有効性
<変形性関節症>
  • 抗炎症薬と併用すると、ある種の関節炎が原因の股関節および膝関節の痛みの軽減を補助することもある(①)。
<ケガの予防と故障の改善>
  • アスリートを対象とした効果について、信頼に足るデータは乏しく、引き続き検討が必要である。
<その他の生理機能>
  • 信頼に足るデータが乏しい(①②③)。
安全性
  • 一般的に安全とされている(①②)。
  • 高純度薬については問題はないが、低純度のコンドロイチン硫酸サプリメントの利用の際には、健康上のリスクが報告されているため注意が必要である(②)。
備考
  • 最近では、グルコサミン硫酸塩を配合する製品と組み合わせて販売されている。しかし、科学的データが不十分であるため、複合製品がグルコサミン硫酸塩またはコンドロイチン硫酸を単独で使用するより有効であるかどうかは不明である(①)。
参考文献
  1. ①日本医師会, 日本薬剤師会, 日本歯科医師会:健康食品・サプリメント(成分)のすべて- ナチュラルメディシン・データベース-, 同文書院, 東京, pp273-274, 2012.
  2. ②下村吉治:サプリメントのほんととウソ―エビデンスに基づいたサプリメントの有効性―, ナップ, 東京, pp96-97, 2013.
  3. ③独立行政法人 国立健康・栄養研究所:健康食品データベース, 第一出版, 東京, pp130-131, 2007.

 

ページトップへ