アルギニン

項目 内容
名称 アルギニン
概要
  • もっとも塩基性の高いアミノ酸で、生体内では尿素回路の中間体として生合成される(①)。
  • 速やかに分解されるため、特に必要量を合成できない子供では必須アミノ酸になっているが、成人では必須アミノ酸ではない(①)。
  • 代謝産物である一酸化窒素 (NO) を介して、成長ホルモンの分泌促進、免疫機能の向上、脂肪代謝の促進等、生体内で種々の機能に関与している(①)。
有効性
<パフォーマンス向上>
  • アスリートを対象とした研究では、
    1. (1)男性テニス選手9名を対象に、L‐アルギニンを含む食事を朝、昼、間、夕食の計4回/日を4日間摂取させたが、持久性運動中の生理的指標に変化はみられなかった(②)。
    2. (2)男性柔道選手10名を対象に、アルギニン6 g/日を3日間摂取させ無酸素運動 を実施させたところ、パフォーマンスに影響は認められなかった(③)。
    3. (3)男性ウエイトトレーニング経験者15名を対象に、6gのアルギニンを摂取させたところ、摂取後の筋肉血流量は増加したが、筋力パフォーマンスに影響は認められなかった(④)。
<成長ホルモン分泌促進>
  • アスリートを対象とした研究では、
    1. (1)男性有酸素トレーニング経験者15名 を対象に、運動前にL-アルギニンを体重あたり0.075 g摂取させたところ、血中成長ホルモン濃度や心拍数、血圧に影響は認められなかった(⑤)。
    2. (2)男性ウエイトトレーニング経験者18名を対象に、運動前に体重あたり0.075gのアルギニンを摂取させたところ、運動中に血中アルギニン濃度が上昇したが、成長ホルモン濃度に影響は認められなかった(⑥)。
  • アスリートを対象とした効果について、信頼に足るデータは乏しく、引き続き検討が必要である。
安全性
  • 適切に用いれば短期間の経口摂取ではおそらく安全であるが、長期間使用の安全性には十分なデータが得られていない(①)。
  • 腹痛、鼓腸、下痢、痛風等の副作用を起こす場合がある(①)。
  • アレルギー症状としては気道炎症、喘息患者の気道炎症の悪化等が挙げられる(①)。
  • 心筋梗塞の既往歴がある場合はサプリメントとしての使用を避ける(①)。
備考
参考文献
  1. ①国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所、「健康食品」の安全性・有効性情報、http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail633.html(2016年3月)
  2. ②Bescos R, Gonzalez-Haro C, Pujol P, Franchek Drobnic, Alonso E, Santolaria ML, Ruiz O, Esteve M, Galilea P: Effects of Dietary L-Arginine Intake on Cardiorespiratory and Metabolic Adaptation in Athletes. Int J Sport Nutr Exerc Metab. 19(4): 355-365, 2009.
  3. ③Liu TH, Wu CL Wei Hung, Chang CW, Lo YW, Tseng HF, Chang CK: No Effect of Short-term Arginine Supplementation on Vasodilation and Performance in Intermittent Exercise in Judo Athletes. J Nutr Biochem. 20(6): 462-468, 2009.
  4. ④Alvares TS, Conte CA, Jr, Paschoalin VM, Silva JT, Meirelles Cde M, Bhambhani YN, Gomes PS: Acute L-arginine supplementation increases muscle blood volume but not strength performance. Appl Physiol Nutr Metab. 37(1): 115-126, 2012.
  5. ⑤ForbesSC, Harber V, Bell GJ: The acute effects of L-arginine on hormonal and metabolic responses during submaximal exercise in trained cyclists. Int J Sport Nutr Exerc Metab. 23(4): 369-377, 2013.
  6. ⑥Scott C. Forbes, Vicki Harber, Gordon J Bell: Oral L-Arginine Before Resistance Exercise Blunts Growth Hormone in Strength Trained Males. Int J Sport Nutr Exerc Metab. 24(2): 236-244, 2014.

 

ページトップへ