ミネラル‐カルシウム

主な特徴

  • 人体内に最も多く含まれるミネラル
  • 体内での吸収率牛乳 → 約40%小魚 → 約30%野菜 → 約20%
  • 骨や歯の材料
  • 筋肉の収縮に関与

不足すると

  • 疲労骨折
  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 慢性的な不足で肩こり、腰痛、神経過敏

とりすぎると

  • 、亜鉛、マグネシウム等の吸収阻害
  • 高カルシウム血症、カルシウム尿症、軟組織の石灰化、泌尿器系結石
  • 日常の食事からではとりすぎることはほとんどない
  • サプリメント等で過剰にとり続ける場合は注意が必要

カルシウムを多く含む主な食品(例)

  • 乳類
  • 魚介類
  • 海藻類
  • 野菜類
  • 豆類

レシピ

 

ページトップへ