自分のからだを知ろう

アスリートとして競技力の向上を目指すためには、まずは、自分のからだを知ることが必要です。
毎日の体重や体調を把握することで、コンディションを自分で管理できるようになります。

  1. CHECK①体重・体組成を把握する基本的に、体重が減少傾向にある場合はエネルギー消費量に対してエネルギー摂取量が少なく、逆に体重が増加傾向にある場合はエネルギー消費量に対してエネルギー摂取量が多いことが考えられます。体重は朝、起床してトイレに行ったあとに測定し、記録する習慣をつけましょう。さらに定期的に体脂肪を測定すると良いでしょう。体重に変化がないのに体脂肪率が増加傾向にある場合は食事の内容と食べ方を見直してみる必要があります。
  2. CHECK②体調を意識する食欲、脈拍、体調、排便、睡眠状態等をチェックしましょう。
  3. CHECK③食生活を振り返るセルフチェックを参考にしましょう。
  4. CHECK④トレーニング内容を記録する食事とトレーニング内容を記録していくことで、トレーニングに見合った食事がとれているかをチェックすることができます。

■自分のからだを知るための記録用紙の(例)セルフチェックシート

ページトップへ