ホーム > 事業紹介

事業紹介

ハイパフォーマンスに関する事業等の戦略的な推進業務

競技団体とのコミュニケーション等を通じ情報の統合を行うとともに、西が丘地区におけるハイパフォーマンスに関する事業等を戦略的に推進する協働体制の構築を行っています。

日本のスポーツ推進のための
開発・支援業務

「国際競技力の向上に資する各種スポーツ資源の開発」をミッションとし、アスリート開発、コーチング開発、スポーツ開発、医・科学サポート開発、スポーツ資源開発という5つの領域において、新たなプログラムの開発や支援等を行うほか、スポーツ資源の開発に関する国内外関係機関との連携等の各種事業を推進しています。

スポーツ医・科学研究、支援、診療業務


国立スポーツ科学センター(JISS)は、スポーツ医・科学研究の中枢機関として、公益財団法人日本オリンピック委員会、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会、中央競技団体及び大学等、国内外のスポーツ研究機関と連携し、調査・研究を推進するとともに、競技者・指導者等への支援を行っています。

味の素ナショナルトレーニングセンターの管理・運営業務

ナショナルトレーニングセンターは、競技別の専用練習場である「屋内トレーニングセンター」、「屋内テニスコート」、「陸上トレーニング場」及び宿泊施設の「アスリートヴィレッジ」からなり、競技者が同一の活動拠点で集中的・継続的に強化活動を行うことができます。

国際競技力向上のための研究・支援機関であるJISSと隣接している利点を活かし、選手や競技団体が各施設とJISSのスポーツ医科学・情報サポートを効果的に利活用できるよう、一体的な管理・運営業務を行っています。

※ナショナルトレーニングセンターはネーミングライツを導入し、施設名が「味の素ナショナルトレーニングセンター」となっています。

スポーツに関する活動が公正かつ適切に実施されるようにするため必要な業務

2013年に行われた日本スポーツ振興センター法の改正に伴い、「スポーツに関する活動が公正かつ適切に実施されるようにするため必要な業務」が新たに加えられたことを踏まえ、スポーツにおける八百長・違法賭博、ガバナンス欠如、暴力、ドーピング等の様々な脅威から、Integrity of Sport(スポーツの健全性・高潔性)を護る取組を実施しています。

味の素フィールド西が丘の管理・運営業務


味の素フィールド西が丘は、1972年(昭和47年)、国立西が丘競技場としてサッカー専用競技場、庭球場などが建設されました。サッカー場は、天皇杯予選、全日本大学選手権、全国高校選手権などに幅広く利用されています。

また、一般の方でも利用可能なフットサルコートと屋外テニスコートの管理運営を行っています。

受託業務

関係行政機関等からの受託事業について、当センターの持つ専門的能力を活用し実施しています。

 

ページトップへ