ホーム > 業務紹介 > 受託業務 > 女性競技種目戦略的強化 > ハンドボール > 国内インターナショナルプログラム報告①

国内インターナショナルプログラム報告①(ハンドボール)

今年度初めて企画した「国内インターナショナルプログラム」は、海外のトップクラブ、指導者を招聘し、日本国内でより多くの女性アスリート、スポーツ指導者に国際レベルの練習方法、選手の動き、指導方法、クラブの雰囲気などを見たり感じたりすることの出来るプログラムの開発を目的としています。
国内のトップアスリート(日本代表)の国際競技力向上に向けた強化活動を基盤に、育成アスリート女性指導者及び女性チーム指導者、地域へのプログラム展開を並行して行うことで、国内の様々な形態、場所、レベルでハンドボールに携る女性に対し、各々のフェーズでの競技力、経験値、モチベーションの向上に繋げられるようなプログラムの開発を目指しています。


今回はデンマークからSK Aarhus Elite Handball (SKオーフス)を招聘しました。
SKオーフスはデンマーク、オーフス市を拠点とし、デンマークトップリーグでプレーするクラブです。2014/2015シーズンは下部リーグより昇格し、トップリーグにおいて12チーム中8位の結果でした。デンマークの若手有望選手が多く所属し、監督のJesper氏(イェスパー氏)はスイス女子代表の監督も兼任しています。

SKオーフス

このプログラムでは国際強化試合、ミニ講習会、合同強化練習など様々な活動を行ないましたので、3回に分けて報告していきたいと思います。

◆国際強化試合in愛知(豊橋)
6月23日(火)18:00より愛知県豊橋市、豊橋市総合体育館にて「国際強化試合in愛知」を開催しました。

◇試合結果
[前半]SKオーフス12-11日本
[後半]SKオーフス7-7日本
【合計】SKオーフス19-18日本

◇観客数
【延べ1,200人】 

◇運営役員のコメント
非常に短い準備期間の中で、これだけ多くの観客が集まるということは、やはり「日本代表」の魅力によるものだと思う。運営という立場からも今後もハンドボールを盛り上げていきたい。

国際強化試合

◆ミニ講習会@豊橋
国際強化試合in愛知(豊橋)試合終了後に、日本代表チーム(監督、コーチ、トレーナー、選手)を講師に招き、ミニ講習会を開催しました。

◇ジュニアアスリート講習会
講師:日本代表コーチ/大森氏:日本代表選手
【参加数】約30名
◇トレーナー講習会
講師:日本代表トレーナー/高野内氏
【参加数】12名
◇指導者講習会
講師:日本代表監督/栗山氏・オーフス監督/イェスパー氏
【参加数】20名

◇ジュニアアスリートの講習会においては、日本代表の大森コーチのもと、シュートやディ
フェンスに関して、細かな動き、フォーム、飛び方など、日本代表選手が直接指導を行いました。参加したジュニアアスリートからは、「ウォーミングアップ、試合観戦、講習会まで参加しました。講習会では日本代表選手から直接アドバイスがもらえ、自分の改善点が良くわかりました」などのコメントをいただきました。
◇トレーナー講習会においては、高野内トレーナーの実際の仕事内容や女性アスリートとの接し方、現場で使用しているトレーナーバッグの中身や用途など、様々な質問が参加者から挙がっていました。将来、高野内トレーナーのようなトップレベルでの活躍を目指す学生が多く参加していました。
◇指導者講習会においては、参加した指導者が、両チームのベンチ裏に特設された席において、両監督のベンチワークを間近で見たり、試合後に両監督へ試合中の指示などについて質疑応答が行われました。

ジュニアアスリートへのミニ講習会の様子



 

ページトップへ