ホーム > 業務紹介 > 受託業務 > 女性アスリートの育成・支援プロジェクト「女性競技種目戦略的強化プログラム」 > お知らせ履歴【女性アスリートの育成・支援プロジェクト「女性競技種目戦略的強化プログラム」】

【女性アスリートの育成・支援プロジェクト「女性競技種目戦略的強化プログラム」】

2015年12月25日

『女性競技種目戦略的強化プログラム』カンファレンスの開催

“女性アスリートの育成・支援”の継続性を目指して
スポーツ庁委託事業 平成27年度女性アスリートの育成・支援プロジェクト
『女性競技種目戦略的強化プログラム』カンファレンス

テーマ: 女性アスリートのハイパフォーマンススポーツの入口

近年、オリンピック競技大会における女性の競技種目数は増加傾向にあり、女性アスリートの活躍は著しいものがあります。しかし、日本における女性アスリートは、男性に比べ支援に恵まれないケースも少なくないのが現状であり、女性アスリートの強化に着目した育成・支援プロジェクトが始まったところです。

また、女性アスリートの強化における課題の一つとして、子どものスポーツ離れが挙げられます。「運動する子ども」と「運動しない子ども」の二局化が進んでおり、特に、その傾向は女性において顕著に現れるというデータが出ています。女性アスリートの指導においても、青少年期の女性アスリートは、アスリートとしてのアイデンティティーが十分に確立されていない、あるいは身体等の配慮不足により不振やドロップアウトにつながりうることに、十分留意する必要があると言われています。

このように、女性アスリートの戦略的な発掘・育成・強化に重点的に取り組む上で、より競技性の増すハイパフォーマンススポーツにスムーズに移行するためには、今後、女性のハイパフォーマンススポーツへの導入を戦略的に行う必要があります。

そこで、「女性アスリートのハイパフォーマンススポーツの入口」をテーマに、女性アスリートに関する専門家に御講演いただき、併せて地域や中央競技団体が考える課題等を明確にすることで、女性アスリートの発掘・育成・強化の観点から、今後の女性アスリートの継続的な育成・支援のための情報提供・共有の場として本カンファレンスを開催します。

概要

日時 
平成28年1月26日(火)

10:00~17:00(受付9:30~)


場所 
味の素ナショナルトレーニングセンター内 大研修室、研修室1
〒115-0056 東京都北区西が丘3-15-1 

定員 
約150名

※申込期限前であっても、定員に達した場合は参加をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承ください.

 

対象:

①女性アスリートの育成・強化に携わる指導者、スタッフ

②女性アスリートの育成・強化に関心のある者

③その他、JSCが認めた者

 

プログラム

(1)オープニング:主催者挨拶

勝田 隆(JSCスポーツ開発事業推進部部長)

 

(2)プレリミナリーセッション:

カンファレンス開催に際し、事業概要について情報提供を行うと共に、本カンファレンスの開催趣旨について説明する。

山下 修平(JSCスポーツ開発事業推進部スポーツ開発部門統括マネジャー)

 

(3)講演①:

テーマ:女性アスリートがひらく扉 ~東京2020に向けて~

ソウルオリンピックの柔道(52kg級)銅メダリストであり、現在JOC理事/女性スポーツ専門部会長のお立場より、ご自身の経験等から東京2020を見据えた「女性アスリートの育成・支援」についてお話をいただく。

山口 香(公益財団法人日本オリンピック委員会理事/筑波大学准教授)

 

(4)講演②

テーマ:ハイパフォーマンススポーツにおける女性アスリートの育成・強化の現状と課題について

快進撃を続ける日本代表・女子ラグビー(サクラセブンス)を題材にして、ハイパフォーマンススポーツにおける「女性アスリートの育成・強化」における課題や解決方法についてお話をいただく。

浅見 敬子(女子セブンズ日本代表ヘッドコーチ)

宮崎 善幸(女子セブンズ日本代表ストレングス・コンディショニングコーチ)

 

(5)ポスターセッション

テーマ:女性アスリートの発掘・育成・強化における現状と課題について

JSCが実施する「タレント発掘・育成コンソーシアム」の取組みの一つであるタレント発掘の概要、及び本事業のモデル競技種目(飛込、スケルトン、ハンドボール)の活動報告をポスター発表形式で行なうと共に、プログラムを企画・実施して行く中での女性アスリートの発掘・育成・強化における現状や課題について情報提供を行う。

衣笠 泰介(JSCスポーツ開発事業推進部アスリート開発部門統括マネジャー)

井上 規之(JSCスポーツ開発事業推進部企画・推進課 地域連携ディレクター)

野村 孝路(本事業コーディネーター:飛込)

居石 真理絵(本事業アシスタントマネジャー/コーディネーター:スケルトン)

田山 真輔(本事業パフォーマンスコーディネーター:スケルトン)

早船 愛子(本事業コーディネーター:ハンドボール)


(6)座談会

テーマ:女性アスリートのハイパフォーマンススポーツの入口について

ファシリテーターからの質問に対し、それぞれの立場から再度「女性アスリートのハイパフォーマンスの入口」について情報提供いただくと共に、今後の女性アスリートの継続的な育成・支援に関する意見交換を行う。

【ファシリテーター】

松井 陽子(JSCスポーツ開発事業推進部コーチング開発部門

女性コーチング開発 ユニットリーダー)

【ゲストスピーカー】

佐藤 若(山形県立山形中央高等学校教諭)

池田 めぐみ(公益財団法人山形県体育協会スポーツ指導員)

土肥 美智子(JSC国立スポーツ科学センターメディカルセンター副主任研究員)

衣笠 泰介(JSCスポーツ開発事業推進部アスリート開発部門統括マネジャー)

早船 愛子(本事業コーディネーター:ハンドボール)

 

タイムスケジュール

9:30

受付開始

10:00-10:30

オープニング&プレリミナリーセッション

10:30-10:35

セッティング(5分)

10:35-11:20

【講演

女性アスリートがひらく扉 ~東京2020に向けて~

11:20-12:05

【講演

ハイパフォーマンススポーツにおける女性アスリートの育成・強化の現状と課題について

12:05-13:10

昼食(昼食はお持ちいただくか、近隣の施設をご利用ください。)

13:10-14:30

【ポスターセッション】

女性アスリートの発掘・育成・強化における現状と課題について

【情報交換①】参加者間での情報交換

名刺をお持ちの方はご持参ください。

14:30-15:50

【座談会】

女性アスリートのハイパフォーマンススポーツの入口について

15:50-16:00

クロージング

16:00-17:00

【情報交換②】参加者間での情報交換

 

申込み方法

①E-mail:jsc-woman@jpnsport.go.jp

②FAX : 03-5963-0252

氏名、所属、役職、連絡先(TEL、メールアドレス)を、上記アドレス、若しくは、FAX番号宛にお送りください。

※件名には「女性カンファレンス参加申込」とご記入ください。

※お申込いただいた方の個人情報については、入場管理、及び今後、本カンファレンスに関する諸連絡にのみ利用させて頂きます。


申込期限:平成28年1月20日(水)


その他

(1)本カンファレンスには、メディア関係者の取材が入る可能性があります。あらかじめ御了承ください。

(2)本カンファレンス開催中、JSC職員が撮影した写真を事業記録や広報のために使用することがあります。あらかじめ御了承ください。

(3)託児室(0~6歳未満の未就学児対象/有料)のご利用を希望される方は、参加申込メールにてその旨をご記載ください。あらためて担当者よりご連絡します。なお、利用希望者多数の場合はお受けできない可能性もございますのでご了承ください。

  ※託児室のご利用を希望される方は、上記締切日に関わりなく、平成28年1月12日(火) までにお申込みください。

 

問い合わせ先

 

独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)
女性競技種目戦略的強化プログラム (担当:齋藤、山元やまもと

TEL:03-5963-0253 FAX:03-5963-0252

E-mail:jsc-woman@jpnsport.go.jp

問い合わせは、件名を「女性カンファレンス問い合わせ」として、上記メールアドレスに送信してください。

ページトップへ