ホーム > 業務紹介 > スポーツ振興投票等業務

スポーツ振興投票等業務

スポーツ振興のために必要な資金を得るため、「スポーツ振興投票の実施等に関する法律(平成10年法律第63号)」に基づき、スポーツ振興投票の対象となる試合の指定、スポーツくじ(toto・BIG)の販売、試合結果に基づく当せん金の確定及び当せん金の払戻業務等を行っています。

スポーツくじ(toto・BIG)

くじ助成の仕組み

スポーツくじ(toto・BIG)は、我が国のスポーツ環境の整備・充実を図るため、新たな財源確保を目的として2001年に導入されました。スポーツくじ(toto・BIG)の売上金から、当せん払戻金、経費及び特定業務への繰入額(国際スポーツ競技会のためのスポーツ施設の整備等の経費に充当)を除いたものが収益となり、収益の3/4は、スポーツの振興を目的とする事業の資金として助成され、1/4は国庫に納付されます。

2002年度から、スポーツくじ(toto・BIG)の販売により得られる収益により、誰もが身近にスポーツを親しめる環境づくりから、世界の第一線で活躍する選手の育成まで、地方公共団体及びスポーツ団体が行うスポーツの振興を目的とする事業に対して助成を行っています。これまでに約22,032件、約1,234億円の助成を行いました(2016年度分は配分額)。

くじの仕組み

指定されたサッカーの試合結果を購入者が自分で予想するくじ(「toto」「mini toto」「totoGOAL3,totoGOAL2」)と、予想いらずでコンピュータがランダムに試合結果を選択するくじ(「BIG」「100円BIG」「BIG1000」「mini BIG」)があります。

2015年度の売上実績は約1,084億円となっています。
※19歳未満の方の購入又は譲り受けは法律で禁じられています。払戻金も受け取れません。

スポーツくじ(toto・BIG)について 外部リンク

 

ページトップへ