ホーム > 業務紹介 > 味の素ナショナルトレーニングセンターの管理・運営業務

味の素ナショナルトレーニングセンターの管理・運営業務

ナショナルトレーニングセンターは、スポーツ振興基本計画(平成18年9月21日文部科学省告示第135号)等に基づき、我が国におけるトップレベル競技者の国際競技力の総合的な向上を図るトレーニング施設として、2008(平成20)年1月21日に開所しました。

競技別の専用練習場である「屋内トレーニングセンター」、「屋内テニスコート」、「陸上トレーニング場」及び宿泊施設の「アスリート・ヴィレッジ」等からなり、競技者が同一の活動拠点で集中的・継続的に強化活動を行うことができます。
国際競技力向上のための研究・支援機関であるJISSと隣接している利点を活かし、選手や競技団体が各施設とJISSのスポーツ医科学・情報サポートを効果的に利活用できるよう、一体的な管理・運営業務を行っています。
なお 、2009(平成21)年5月よりネーミングライツを導入し、「味の素ナショナルトレーニングセンター」として運営しています。

味の素ナショナルトレーニングセンター

味の素ナショナルトレーニングセンターは、競技別専用練習場である「屋内トレーニングセンター」、「陸上トレーニング場」、「屋内テニスコート」及び宿泊施設の「アスリートヴィレッジで構成されています。

味の素ナショナルトレーニングセンター外部リンク

 

ページトップへ