名古屋☆通信 第90号(2012.12)

        伝えようみんなの笑顔

              ~センターが提供する情報の活用方法 1~


 取材の様子   センターでは、学校安全に役立てていただくため、センターホームページやオンライン請求システムの統計情報、刊行物などで様々な情報を提供しています。それらの情報をどのように活用して事故防止の取組が行われているのかについて、教育委員会と学校へ事例を取材に行きました。
 
 今回は岐阜県の本巣市教育委員会、本巣市立土貴野小学校、本巣市立本巣中学校の活用事例や取組状況を紹介します。

 
 
   【本巣市教育委員会】
  本巣市教育委員会では、学校長、教職員など学校関係者に対して、学校安全に役立つ資料・情報提供として、センターの提供する情報の活用がされていました。

 学校長や教頭先生の会議において、熱中症事故防止に役立てるため、「学校安全Web」の熱中症に関する資料から引用し、資料として情報提供されました。  熱中症事故防止資料1  熱中症事故防止資料2 

 また、教職員の危機管理意識を高めることをねらいとした市教育センター夏期講座において、『学校における固定遊具による事故防止策』や『課外指導における事故防止対策』から安全管理や安全指導、部活動のチェック表などを研修資料として利用されていました。  危機管理について資料1  危機管理について資料2
 危機管理について資料3  危機管理について資料4  危機管理について資料5

 

  学校における衛生管理の資料として、『学校管理下における食物アレルギーへの対応』や『学校給食における食中毒防止Q&A』から引用し、「食物アレルギーや食中毒防止に関するQ&A」を作成し各学校で利用されました。  衛生管理の資料 

 ☆活用したデータ☆

 ◆センターHP・学校安全Web・学校安全支援
 刊行物→学校安全関係→ 『熱中症予防のための啓発資料「熱中症を予防しよう-知って防ごう熱中症」』
                   『学校における固定遊具による事故防止対策』
                   『課外指導における事故防止対策』
                  食の安全関係→ 『学校の管理下における食物アレルギーへの対応』
                    『学校給食における食中毒防止Q&A』
 教材カード→平成24年度→『固定遊具によるけがを防ごう!』

 



 【本巣市立土貴野小学校】
  
 土貴野小学校では、平成23年度に比べ平成24年度に災害発生の増加がみられたことから、①教職員研修(事故発生について大切にしたいこと)、②学校保健安全委員会(各学校医・栄養教諭・薬剤師・保護者・教職員が参加)、③けがの予防保健指導(児童対象)の3つの場で、保健室の利用状況やセンターの調査研究や情報を活用して、研修や指導を進め、学校災害の防止に取り組まれました。

その中で、②学校保健安全委員会の資料には、災害共済給付オンライン請求システムの統計情報を活用して、土貴野小学校の災害発生状況のグラフが掲載されていました。
学校保健安全委員会資料1  学校保健安全委員会資料2 

 

 また、③けがの予防保健指導では、「学校安全Web」の固定遊具の教材カードを活用して、けがを未然に防ぐ力を身に付けさせようと、「けがのよぼう~わたしができること」と題して、子どもたちに自由に書き込んでもらえるような掲示物が作成され、保健室前の廊下に掲示してありました。休憩時間になると子どもたちは集まってきて「けがをしそうな子がいるね。どんな声をかけてあげようか」という掲示の問いかけに対して答えを書き込んでいました。 けがの予防指導 

 ☆活用したデータ☆

  ◆災害共済給付オンライン請求システムの統計情報
 ◆センターHP・学校安全Web・学校安全支援
   教材カード→平成24年度→ 『固定遊具によるけがを防ごう!』



  
 【本巣市立本巣中学校】
  
  本巣中学校では、「安心・安全」が学校の運営方針の3本柱の1つに据えられており、平成23年度のけがの状況から、体育的部活動や体育の授業でのけがを減らすことを目的とした資料を「学校保健安全委員会」で配布し、部活動や体育担当教諭にけが防止の取組を提案し、実践されました。
  
  今回活用された情報は『課外指導における事故防止対策』という体育的部活動のけがの調査研究を行ったものです。その中から、「けがの原因」「要因」「事例」「けが防止プログラム」等の必要箇所を抜粋した資料を作成されました。
 この資料を受け取った先生方の啓発活動の結果、「練習前のチェック表」「部活動チェック表」などの「けが防止プログラム」を取り入れる部活動が増え、けが防止に対する意識の向上につながったとのことです。
部活動、体育の授業でのけが防止取組資料1 部活動、体育の授業でのけが防止取組資料2 
  管理職である校長先生、自らが資料を作成されており、学校全体で生徒の安全について考えられていることが伝わりました。今後は生徒が主体的にけがを減らすための活動を考えているとのことです。  部活動、体育の授業でのけが防止取組資料3  部活動、体育の授業でのけが防止取組資料4

 
☆活用したデータ☆
  ◆センターHP・学校安全Web・学校安全支援
   刊行物→学校安全関係→『課外指導における事故防止対策』


 ◎次号は富山市教育委員会、富山市立芝園小学校、富山市立新庄中学校の活用方法を紹介します。 

 

ページトップへ