スポーツキャリアとは

ロールモデル紹介

宮本恒靖。サッカー日本代表の主将を務め、ワールドカップに2度出場。 クレバーなプレーと統率力が光るディフェンダーとして長く活躍し、海外のクラブにも所属しました。
高校卒業後にプロとして活躍する一方、競技生活を送りながら大学を卒業。現役引退後は、国際サッカー連盟が主宰する修士課程、FIFAマスターを日本の元プロ選手として初めて修了しました。学習意欲が強く、現役時代から英語に堪能な頭脳派として知られており、引退後もJリーグ特任理事やJFA国際委員、解説者や、指導者と幅広い活躍を見せています。


宮本さんのスポーツキャリア
  • 小学5年の時にサッカーを始める。
  • 中学生時代に年代別の日本代表候補に入り、高校時代は学業との両立を考え、強豪校の部活動ではなく、プロクラブであるガンバ大阪の育成組織に所属した。
  • 高校卒業と同時に、ガンバ大阪のトップチーム昇格を果たしてプロ入りしたが、同時に同志社大学にも入学。プレーを続けながら大学を卒業。競技面でも2005年にJリーグ優勝を果たした。
  • 日本代表では、ガンバ大阪ユース時代にU-17日本代表に選出されて以降、すべての年代の主将を務めた。2000年のシドニー五輪、2002年、2006年のワールドカップに出場。
  • 2006年からの3年間は、オーストリアのザルツブルクでプレー。
  • 現役引退後、スイスで国際サッカー連盟(FIFA)と国際スポーツ研究機関(CIES)が主宰する修士課程であるFIFAマスターに入学。日本の元プロ選手として初の卒業生となった。
  • 引退後はJFA国際委員、Jリーグ特任理事を務め、現在は古巣のガンバ大阪で育成年代の指導にあたっている。

自分が選んだ道で目標を段階的に達成する

宮本さんは、小学5年生のときにサッカーを始めました。1986年にメキシコで行われたワールドカップで、アルゼンチンのマラドーナ選手の活躍に影響を受けた一人でした。「一気にのめり込みました」という宮本少年は、中学でサッカー部に所属。大阪府や関西地方の選抜チームに招集されるようになりました。当時は、優秀な選手は強豪高校のサッカー部に進むのが一般的でしたが、両親から学業も大切にするようにと言われていたため、地元の進学校である大阪府立生野高校に通いながら、プロクラブであるガンバ大阪のユースチームに所属する道を選びました。

「当時のサッカー雑誌を読んでいて、僕が高校2年になるときにJリーグが開幕することがすでに決まっていることや、Jリーグに所属するチームは育成組織を持たなければいけないことになっていることを知っていました。そして、ガンバの前身である松下電器サッカー部にもユースチームができて、指導者として有名な方が監督として就任されることも聞いていました」と自ら積極的に情報を収集し、学業と両立できる進路を選択しました。学校で勉強をして、クラブに通ってプロの指導者からサッカーを教えてもらう生活では、移動時間を生かして勉強するなど、両立の工夫を図りました。
高校卒業後は、ガンバ大阪のトップチームに昇格。プロ選手としての人生を歩み始める一方、同志社大学に進学して学業も続けました。当然、サッカーと学業の両立は容易ではありませんが、常に強い向上心を持ち、自ら情報を集めて自分自身で進路を選択するという生き方をする宮本さん。
「両親に報告したときは、大学でサッカーをやればいいんじゃないの?と言われましたが、僕はプロとして活躍することを夢見ているし、成長できるこの時期にプロとしてプレーすることに意味があると思っていたので、半分は宣言みたいなようなものでした。自分で決めた方が、(選んだ進路で)がんばらなければいけないという気持ちになります。サッカーが好きでしたが、プロとして活躍できるという確固とした自信があるわけではありませんでした。20歳の頃にはもっと違うことを学びたいという気持ちもあり、サッカー以外の部分をすべて排除するのはもったいない、何かできることをやろうと思っていました。自分がベストだと思って選んだ道なので、サッカーの練習がオフの日にたくさん授業を受けるなど工夫しながらやっていました」と苦労ではなく、充実した日々として当時を記憶されています。サッカーでは、Jリーグ優勝を経験。日本代表としてもワールドカップに2度出場するなどの活躍をし、2007年には活躍の場を欧州へと移しました。宮本さんは、現役時代の挑戦について「中学生の頃から、一つの目標を立て、それを達成するとまた次の新しい目標を立てるという連続でした。ガンバでプロになる、そしてレギュラーになるという目標を達成すると、次は日本代表としてワールドカップに出場することが目標になり、さらに成長するために海外挑戦と段階を踏んでいきました」と振り返り、一つひとつの目標設定と達成の繰り返しを地道に行って来たことを明かしました。

All Rights Reserved, Copyright(c) 2016, JAPAN SPORT COUNCIL